闇金の実態

闇金の実態に迫る!あなたが知らない怖〜い世界

MENU

闇金の実態を解説します

 

法律改正が逆効果にもなる

悲壮感

多くの人が利用しているカードローンは、かつてはサラ金(サラリーマン金融の略語)と呼ばれ、厳しすぎる取り立てが社会問題となり、これまでに幾度かの貸金業法が改正されています。

 

例えば2010年6月18日にグレーゾーン金利が撤廃され、それまでに利息制限法ではなく出資法に基づいた29.2%という高い金利で返済していた債務者に対して「過払い金請求」が認められるようになりました。

 

これによって貸金業者は該当者に対して、多額の過払い金を返還する事で利益を圧迫し、多くの業者が経営難に陥ることになります。しかしそれまで不当な高利で返済をしていた債務者は、お金が返ってくるというメリットを享受しました。

 

2010年に経営破たんした武富士の倒産理由の一つが過払い金への対応だったことは間違いありません。

 

その後、銀行が個人融資向け商品分野に参入することで、このビジネスは様変わりします。かつてのサラ金というネガティブイメージは払しょくされることになり、銀行カードローン、あるいは銀行系消費者金融が大手を振ってビジネスを行っています。

 

しかしながら、貸金業法の改正によってデメリットを被ってしまう人がいるのも事実です。具体的に言えば2010年6月から総量規制というルールが決められ、これまで消費者金融からの借金を生活費の足しにしていた専業主婦が窮地に立たされたのです。

 

総量規制とは、消費者金融や信販会社からの借り入れを年収の1/3までに制限する法律です。つまり年収が600万円の人は1/3の200万円までしか借りられないのです。しかし専業主婦は無収入なので、自ずと消費者金融から生活費を借りるという選択肢が閉ざされてしまったのです。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外という扱いですが、そもそも無収入の専業主婦の場合は、融資を受けられる上限金額が10万円〜50万円と決して高くはありません。それでも生活費が回らないとなれば、行き着くところは非正規の貸金業者となります。

 

太古の昔より存在する金貸し業には、必ず地下に潜ってビジネスを行う人々がいます。言ってみれば、銀行や正規の貸金業者が国や都道府県から許可を受けて営業しているのに対して、当局の許可を受けずに無断で営業している金貸し業者のことを闇の金融業者、通称「闇金」と呼んでいます。

 

闇金のビジネスモデルを掘り下げる

収益計算

闇金とは、どのような営業を行っているのか、イメージとしては昔のサラ金がもっと厳しくなったものだと思われる人も多いです。とにかく、お金を高利で貸しておいて、利益を得る。もちろん非正規の闇金ですから、法定金利も何も関係はありません。

 

通常ではありえない金利でお金を貸し、返済できないとなると家族や友人のところにも回収に行く、回収を図る為には犯罪行為も辞さない。このように考えられているケースがほとんどです。

 

しかしながら客観的に考えてもみれば、これでは暴利を得ることは正直難しいと言えるでしょう。そもそも、コストパフォーマンスが悪すぎるようにも思われます。わざわざ、法律を無視してまで、危険を冒してやるビジネスとは思えません。

 

まず第一に、ごく普通の人が闇金を利用することはほとんど無いでしょうから、顧客となりうる絶対数が少ないので、ビジネス自体が成り立たないということになります。つまり、闇金の実態とは、そのような金利だけで儲けるのではないのです。

 

闇金ビジネスとは、お金を貸したリターンとして高利の利息と元金を回収する側面もありますが、実はそれだけではないのです。

 

お金に困ってしまっているけど、既に他からはお金を借りることができない人が闇金のターゲットです。普通に消費者金融や銀行カードローンでお金を借りられる人ような人は、余程のうっかり者で無い限りは闇金には近づきません。つまり、端から返済できない人を狙ってお金を貸すのです。

 

そもそも返済能力の無い人にお金を貸したら、直ぐに返済できなくなる人が大半です。ただでさえ、お金に困っているうえに莫大な金利負担がありますから、返せるわけもないのです。

 

暴利を返済してくれるならば、それも良し。しかし、闇金としては返済できなくても後からお金を回収するビジネスモデルが控えているのです。

 

アップセル
より高価な商品・サービスを売ること。ある商品の購入者や購入希望者に対して、その上位にあたる商品を推薦して、販売に繋げること。
cf.三省堂

 

アップセルというマーケティング要素が闇金のビジネスも出るにも反映されているのです。

 

闇金がよくやる嫌がらせの手口

犯罪者

暴利を返済できないとなると闇金の攻撃が始まります。自宅、勤務先への取り立ては当たり前、もちろん家族や知人、友人のところに行くこともあります。保証人だろうがなかろうが関係ありません。

 

最初の段階はいたずら電話です。これは昔からよくある手口です。真夜中に電話が鳴ることもありますし、数分おきに電話がかかってきたりもします。電話をかけるほうにも根気がいる作業なので、そこまで長い期間は続かない場合が多いです。

 

しかし、嫌がらせはエスカレートしていきます。電話に出たら、脅迫されたり強い口調で脅されたりもします。後々重要な証拠となる場合があるので、被害を受けた場合にはICレコーダーなどで録音しておくと良いでしょう。

 

次によくあるのが、頼んでもいない大量の出前が届くという例です。宅配ピザや宅配寿司店などに勝手にこちらの名前を使って注文されてしまいます。酷い場合は隣近所にも無作為にいたずら注文されるケースもあります。

 

出前以外には、勝手に葬儀屋を頼まれたという事例もあります。また、自宅マンションに数分おきにデリヘルのお姉さんが訪ねてくる、救急車や消防車を呼ばれるといった、遠隔地でも電話一本で注文できるサービスを利用する嫌がらせは割とメジャーな方法です。

 

そして本当に困るのが、勤務先や親戚にまで、嫌がらせや脅しの電話をかけられることです。自分以外の人にまで多大な迷惑がかかるうえに、実際に会社をクビになってしまうケースもあります。社会的地位を失ってしまっては、たとえ闇金問題が解決したとしても、その後の生活に支障をきたします。

 

そして昔と大きく違うのが、ネットを使った嫌がらせの実態です。インターネットの掲示板やSNSなどに個人情報を漏えいされたり、ある事ない事のデマを書き込まれたりしてしまいます。不特定多数の人に個人情報が漏れてしまうため、本当に厄介な迷惑行為です。詐欺などの新たな犯罪に巻き込まれてしまう恐れもあります。

 

このように闇金の嫌がらせで多いのが、電話やネットによる攻撃です。これは闇金業者にとっても、手間やコストの面で都合がいいからです。しかし、借りている本人も職場や近隣の人に知られたくない、迷惑をかけたくないという心理から、徐々に精神を蝕まれてしまう人が大半です。

 

嫌がらせをする目的

反社会勢力

何故ここまでやるのかは、段階別で目的が異なるといえます。

 

初期段階の嫌がらせでは、返済を迫ることが目的です。しかしそれでも返済できないとなると嫌がらせ行為をエスカレートさせますが、この段階になると顧客の精神を麻痺させることが目的なのです。

 

こうして散々苦しめた挙句に、闇金は急に態度を変えて顧客に接近してきます。そして「いい仕事を紹介するけどひと稼ぎしてみないか?それで借金をチャラにして、一度きりの人生をやり直したらいいじゃないか。」と囁きます。

 

もう精神的にどん底状態にある顧客は簡単に堕ちることになり、紹介された仕事で苦しい状況を打破しようと明るい光を見出すのです。紹介される仕事とは、昔なら女性は風俗、男性ならマグロ船というところでしょうが、最近はそんな甘い仕事ではありません。

 

闇金から紹介される仕事の実態とは、犯罪行為の片棒を担がされるようなものです。例えば、初期の段階では名義貸し、前科のない名義は利用価値が高いのです。次は、オレオレ詐欺の回収役など、様々な犯罪行為が用意されており、使い物にならないぼろぼろの状態になるまで働かされることになります。この段階ではもう立派な犯罪者ということです。これこそが闇金の目的であり、彼らの実態です。

 

闇金が暴力団の資金源になっていることは珍しくなく、犯罪によって金儲けをしている反社会勢力と闇金がこうして繋がっているのです。

 

闇金のターゲットにされる人物像

捜索

当然ですが、普通に銀行や消費者金融の審査に通るような人であれば、いくら何でも闇金に引っ掛かる可能性は非常に小さいと言えるでしょう。

 

それでは、彼らはどのような人をターゲットとしているのでしょうか。それは前述のように、お金に困っているが、他からは融資を受けることができない人です。例えば自己破産をした人、個人信用情報のブラックリストに載っている人などが対象となります。

 

自己破産をすると政府の刊行物である官報に氏名と住所が掲載されます。この官報に掲載されたリストを闇金は利用しますが、官報は誰でも閲覧できるので、闇金業者が見ること自体は犯罪でもないので制限することはできません。

 

よく自己破産後に、怪しげな金融業者から『審査なし、即日融資、ブラックでもOK』などというDMが急に来るようになることありますが、これは完全にターゲットとして狙われているということになります。

 

もちろん闇金はほとんどの場合は犯罪集団ですから、決して利用してはいけません。万が一、利用してしまった場合には、毅然とした態度をとり決して彼らの言うことを聞いてはいけません。

 

また、なるべく早く闇金に強い弁護士などの専門家に相談する必要があります。大事なことは、闇金に面倒な客だと思わせることです。面倒でいうことを聞かない客は、彼らにとっては金にならない客であるのです。