闇金被害の相談窓口

闇金の実態に迫る!あなたが知らない怖〜い世界

MENU

知らない間に闇金からお金を借りてしまった!相談窓口はどこ?

葛藤

昨今は従来のような怖い雰囲気ではなく、一見普通の金融業者に見える業者も少なくなく、知らない間にお金を借りてしまうケースも珍しくありません。(cf.闇金の種類と見分け方

 

しかし、いざそこでお金を借りてしまうと、分かりづらい契約書の中に法外な利息が記されており、出資法を違反する法外な利息の返済に追われてしまうようになってしまいます。

 

返済が滞ってしまうと激しい嫌がらせなどが行われるようになり、精神的に追い詰められてしまうのです。このような時、自分だけの力で解決しようとしてもそもそも法律を無視している連中なので話が通じる相手でもありません。

 

ですので、知らない間に闇金からお金を借りてしまったような時には、然るべき相談窓口にすぐに相談をすることが重要です。

 

警察は原則民事不介入
嫌がらせで脅迫や暴力行為などがあるような場合、警察は非常に強い拘束力を持っていますので業者の嫌がらせをやめさせることができます。
しかし一方で、警察は民事不介入という立場もあり、不当に奪われてしまったお金を取り戻すことはできません。

 

従って法外な利息を含めて、お金を業者に払ってしまったような場合は、司法書士や弁護士がベストな相談窓口となります。司法書士も弁護士もどちらも法律の専門家ですので、その知識に則った適切な対応を進めていくことができるからです。

 

まず最大のメリットとして挙げられるのが、闇金業者が債務者に直接コンタクトをとることができなくなるという点です。

 

司法書士や弁護士などから債務者に代わって対応する旨の通知が業者に届くと、貸金業法ではそれ以降の取り立てや嫌がらせは違法行為として訴訟の対象となります。

 

最悪の場合は裁判沙汰になるので、これまでの脅迫まがいの取り立て行為や違法金利での貸付や押し貸しなど、ありとあらゆる違法行為が細かく調べられて有罪が暴かれてしまうリスクがあり、業者にとってはそれ以上債務者に付きまとう行為に不利益しかなくなるのです。

 

法律の専門家から闇金にコンタクトがあった時点で貸したお金の取り立てを諦める業者も少なくなく、すぐに問題を解決することも可能なのです。

 

またもう一つのメリットとしてお金を返してもらうだけではなく、慰謝料を請求することができるという点が挙げられます。これまで違法な取り立て行為に対する精神的苦痛や会社などに借金のことを知らされたなどプライバシーの侵害があったという場合は、法律に則って慰謝料を請求することができるのです。

 

このようなことから考えれば、闇金被害に対する相談窓口として最も適切なのは司法書士や弁護士といった法律の専門家といえます。

 

ただし、どのような司法書士や弁護士でもいいというわけではなく、闇金被害を解決した実績や経験が豊富な専門家を探すことが重要です。